フリーランス求人の探し方|フリーランスが高収入の仕事を安定して取る方法

フリーランス求人の探し方|フリーランスが高収入の仕事を安定して取る方法
PR

終身雇用制度の崩壊とともに、フリーランスとして活動しようと考えている人は多いかもしれませんね。

フリーランスを養成するプログラミングスクールなども増えてきており、プログラミングやITを学び、プログラマーやデザイナー・エンジニアなどのIT関連の職を身に着けて独立したい方が急増しています。

そんなとき困ってしまうのが「どのように仕事や求人を探すか」ですよね。

私が新卒フリーランスだけはやめとけと思っている理由のひとつでもありますが、基本的にはフリーランスで活動するには人脈が非常に重要です。

ですが、安定した収入を人脈のみで何年も何年も取り続けるのは、実際のところ至難の業なのも確か。

そこで、この記事では「フリーランス向けの求人サイト」をいくつか紹介していきます。

フリーランスとして安定収入活動するためにも、さまざまなフリーランス向け求人サイトやその使い方などチェックしてみてくださいね。

PR

フリーランスの仕事の探し方

フリーランスの仕事の探し方

まず、フリーランスの基本的な仕事のとり方や探し方を整理します。

効率的に求人案件を探し、業務に専念するためにも、今一度見直してみてくださいね。

前職の人脈や、知人の紹介

フリーランスが案件を探す場合、報酬面や業務内容など好条件で受けやすいのが「前職の人脈や、知人の紹介」です。

とはいえ、紹介経由で案件を受注することは、ある程度フリーランスとしての実績や信頼・コネがないと難しいです。

ですが、後述する方法で案件を受注するよりも好条件の仕事が多いので、オファーがあった場合は、是非信頼を掴み取り次の受注へつなげてくださいね。

フリーランスの商品は「人柄」です

発注者は基本的に、納期厳守・クオリティの高い制作物を納品してくれる人、そして何より「コミュニケーション力が高い人」と契約したいものです。

フリーランスの最大の商品は、実は「人柄」なのです。

納期厳守・高クオリティな納品物を納品するのはプロとして当たり前、「この人に発注したい」と思われるような”人柄”が、実は一番重要だったりするのです。

しかし、残念ながらこれは一夕一朝で構築できる人間関係ではないので、駆け出しフリーランスの方は後述する方法で仕事を得た際、心得てコミュニケーションを取るようにしてみてくださいね。

高収入求人を探しているなら、絶対転職エージェント

フリーランスの求人案件探しからキャリア形成までをサポートしてくれるサービスが「フリーランス向けエージェント」です。

エージェントは求人案件を獲得するための営業や契約・請求などの事務手続き、キャリア形成のための面談など、フリーランスが案件を獲得できるような様々なサービスを提供しています。

フリーランス向けエージェントを活用すれば、収益を生み出す業務以外の手間を削減できるので、効率よく活用するのがオススメです。

収入を安定させたいフリーランスにおすすめ

転職エージェント経由で案件を受注する方法は、収入を安定させたいフリーランスに非常にオススメの方法です。

特に、プログラマ・デザイナー・エンジニアなど、IT系フリーランスとして活動している方は、転職エージェントで好条件の仕事を受注できます

転職エージェントの保有する求人案件は高収入の案件が非常に多く、高い報酬額を求める方は見逃せません

おすすめのフリーランス特化エージェントは後述しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スキマ時間で稼ぐなら、クラウドソーシング

クラウドソーシングは、「仕事を発注したい人」と「仕事を受注したい人」を結びつけるマッチングサービスです。

誰でも簡単に仕事を受注できることがメリットで、フリーランスとして独立したばかりの人にオススメです。

プログラマーやエンジニアなどのIT系フリーランスはもちろん、Webライティング関連の案件やデザイン案件も様々ありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ただし、案件の内容は玉石混交です。

極端に報酬が安い案件も大量に紛れ込んでいることもあるので、案件のクオリティを見抜き、慎重に選びましょう。

「無駄に時間がかかった割に全く稼げなかった…」ということがないよう、ご注意くださいね。

クラウドソーシングは初心者にオススメ

クラウドソーシングには前述の通り、エンジニア向け案件やWebライター向け案件、翻訳者向け案件などさまざまなものが掲載されています。

さらに、フリーランスとして活動し始めたばかりの人でも受注できる案件もあるので、駆け出しのフリーランサーには特にオススメです。

フリーランス向けおすすめ求人サイト

フリーランス向けおすすめ求人サイト

ここからは具体的に、フリーランスにおすすめの求人サイトを紹介します。

紹介するのは下記の通り。

フリーランス向けおすすめ求人サイト
  • IT系エンジニアにおすすめの転職エージェント
  • Webライター・スキマ時間に稼ぎたい人におすすめのクラウドソーシング

職種や目的別に紹介していきますね。

IT系エンジニアにおすすめの転職エージェント3選

まずは、プログラマーやWebデザイナー、フロントエンドエンジニアなど「IT系エンジニア向けのエージェント」を3つ紹介します。

直案件が多く高収入案件多数!レバテックフリーランス

直案件が多く高収入案件多数!レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、IT系フリーランスとして活動するなら絶対に見逃せない有名なエージェントです。

特徴は何と言っても、多数の企業からの直求人を保有しているので、高収入案件が豊富な点です。

職種別・業界別・使用言語別などさまざまな条件で求人案件を検索でき、勤務形態も、リモート案件から常駐案件までさまざまな求人が掲載されています。

Web上では公開されていない非公開案件や求人情報が多いので、是非登録しておきましょう。

正社員並みの保証つき!Midworks

正社員並みの保証つき!Midworks

Midworksも前述のレバテックフリーランスと同様に、高単価の求人案件をたくさん保有しているエージェントです。

フリーランス協会のベネフィットプランを無償提供しているなど、フリーランスとして自由に働きながらも、正社員並みの保証が提供されているのが特徴です。

保有案件数は3,000件以上もあり、「週3日から勤務可能」「高単価求人」など、働き方や目的からも探しやすい求人サイトとなっています。

在宅で働きたい人におすすめ!クラウドテック

在宅で働きたい人におすすめ!クラウドテック

常駐求人はイヤ、という方におすすめなのが、クラウドテックです。

リモートワーク案件や週3日勤務求人などを始めとする、「在宅で働ける求人」を数多く保有しているエージェントです。

業界トップクラスの案件数を保有するクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」が母体となっているため、「在宅で働きたい」「海外ノマドしたい」など、わがままな条件にも合う求人がみつかりますよ。

Webライター・スキマ時間に稼ぎたい人におすすめのクラウドソーシング

次に紹介するのは、Webライターや、スキマ時間に稼ぎたいフリーランスにおすすめの求人サイトです。

特にWebライティング業務を主とするフリーランスとして活動したい方には、クラウドソーシングがオススメです。

日本最大級のクラウドソーシング!クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシング!クラウドワークス

クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングサイトの1つです。

多種多様な案件が集まっているので、フリーワード検索をうまく活用して求人案件を探していきましょう。

クラウドワークスでライティング案件を受けようと考えている場合、最も注意すべきなのは「異常に報酬が安い案件」です。

ライティング案件は文字単価1円を目安にし、これより安い案件には十分に注意してくださいね。

報酬適正をAIが判断!ランサーズ

報酬適正をAIが判断!ランサーズ

ランサーズは、クラウドワークスに並んで有名なクラウドソーシングサイトです。

案件数はクラウドワークスと同程度なので、両方登録しておくのがいいでしょう。

ランサーズには報酬が適正かどうかをAIが判断してくれるシステムが実装されているので、極端に安い報酬の案件を受注する確率を減らせますよ

ライティング求人案件に特化!サグーワークス

ライティング求人案件に特化!サグーワークス

サグーワークスは、ライティング案件に特化したサイトとして「サグーライティング」を展開しています。

そのため、ライティング業務を専門としているフリーランスの方は、登録しておいて損のないサイトといえるでしょう。

また、プラチナライターテストに合格すると、高単価でライティング案件を受注できるようになるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

ただし、サグーワークスはクラウドワークスやランサーズよりも案件数が少なく、安定していないというデメリットがあるので、クラウドワークスやランサーズとの併用がおすすめです。

PR

まとめ|求人探しは複数の求人サイトを活用しよう

選択肢が少ないフリーランスは、極端に報酬が安かったり、職務内容が不透明な案件を受けてしまうことがあります。

ですので、フリーランスとして収入を安定させたい方は、1つの求人サイトだけでなく、複数のエージェントやクラウドソーシングを併用するのがオススメです。

複数の求人サイトを活用することによって、単純に選べる案件が増えますし、良い条件・高単価の求人案件を見逃しにくくなりますよ

また、クラウドソーシングを使う場合は、手数料が高いので注意しましょう。

その手数料率は報酬額の20%と高いため、手数料を控除された後の報酬額が業務内容に見合っているのかを確認することが大切です。

知人からの紹介、エージェントやクラウドソーシングの活用など、フリーランスの仕事の探し方にはさまざまな方法があります。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、それぞれの特徴をしっかり理解し、安定収入を図っていきましょう。

PR

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスのシングルマザー。フリーランス歴は就職期間を抜いて通算11年目。セブ島は移住5年目です。 Web・IT業界一筋14年。元クラウドソーシング中の人です。 海外で子育てしながらフリーランスとして働く方法やセブ島移住生活について発信しています。