フィリピンでキャッシュレス生活!決済用におすすめのクレジットカードはどれ?

フィリピンでキャッシュレス生活!決済用におすすめのクレジットカードはどれ?
PR

フィリピンへの長期滞在や移住などでフィリピンに長期滞在することになった場合、

”決済用”のクレジットカードを持ちたいけど、どのカードにすればいい?

こう思うことがあるかもしれませんね。

今回はフィリピンに長期滞在する場合におすすめの「決済用」クレジットカードをいくつか紹介しますね。

フィリピンは主要先進国に比べるとクレジットカード普及率が低めであるとはいえ、多くのショッピングモールやレストラン・カフェでクレカ決済に対応しています。

1〜2枚保有しておくと決済の利便性が高まりますよ。

PR

フィリピン長期滞在におすすめのクレジットカード

フィリピン長期滞在におすすめのクレジットカード

フィリピンに長期滞在しクレジットカードで決済する場合、

  1. フィリピンの現地クレジットカードを発行する
  2. フィリピン国外で発行したクレジットカードを持ち込む

この2種類があります。

フィリピンでは外国籍の住民でもクレジットカードを発行しやすく、比較的簡単に発行できるようになっています。

そのため、出国時に日本で発行した1~2枚のクレジットカードを持っていき、フィリピン現地でクレジットカードが発行されたらそちらをメインに利用するという使い方がいいでしょう。

ただし、一点注意点として、下記の通り一部の方はフィリピンでクレジットカードを発行できません。

ビザや滞在期間を確認してみてくださいね。

対象者フィリピンのクレジットカード
・現地で働く人発行可
・フィリピンで収入がない人
・留学生
発行不可

発行しやすいフィリピンのクレジットカード2選

ここからはフィリピンの長期滞在におすすめのクレジットカードを紹介します。

フィリピンで発行できる現地のクレジットカードや、日本からどんなクレジットカードを持っていけばいいのか、迷っている人はぜひご確認くださいね。

1. RCBC Bankard

RCBC Bankard

RCBC Bankardはフィリピンで最大のクレジットカード会社で、Rizal Commercial Banking Corporationという銀行を母体としています。

そのため、銀行口座を開設する際にあわせてクレジットカードの申し込みをすることができ、利便性が高いといえるでしょう。

RCBC Bankardが発行するクレジットカードに付帯されている国際ブランドは、

RCBCクレジットカードの国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • Union Pay

上記の4種類ですが、加盟店数を考えるとVISAかMasterCardにするのがおすすめです。

なお、カードを発行する際は一定金額をデポジットとして預け入れなければならないシステムになっているため、契約時にしっかりご確認くださいね。

なお、外国籍の人がRCBC Bankardを契約するためには、

必要書類
  1. パスポート
  2. フィリピン国内の住所
  3. 運転免許証

これらの3種類の書類の提出が必要です。

2. BDO Unibank

BDO Unibank

BDO Unibankはフィリピンの大手銀行で、フィリピン国内に合法的に居住していれば外国籍の人に対してもクレジットカードを発行しています。

前述のRCBCに比べ、必要書類が少ないため申し込みしやすいのが特徴です。

さらに、BDOは日本語で対応してくれるジャパンデスクも設置されています。

そのため、フィリピンの公用語であるタガログ語や英語が話せない人でも、さまざまなトラブルに対応できるでしょう。

いざというときの対応を重視する場合は、BDOのクレジットカードをご検討くださいね。

日本から持っていくべきクレジットカード4選

日本国内からフィリピンにクレジットカードを持っていく場合、年会費無料でありながらも海外旅行保険が充実しているカードがおすすめです。

海外旅行保険付帯【無料あり】フィリピン長期滞在・留学におすすめのクレジットカード

07/07/2019

1. エポスカード

エポスカード

エポスカードは年会費無料でありながら、年会費の必要なクレジットカードと同等の海外旅行保険が付帯されています。

もちろん、不正利用に対する補償もあるので、安心して使えるクレジットカードといえるでしょう。

また、付帯されている国際ブランドはVISAなのでフィリピン国内でも問題なく使えます。

海外旅行保険を節約したい方にはエポスカードがおすすめです。

エポスカード
発行会社株式会社エポスカード
年会費無料
国際ブランドVISA
海外旅行傷害保険傷害死亡 : 500万円
傷害治療 : 200万円
疾病治療 : 270万円
救援者費用 : 100万円
賠償責任 : 2,000万円
付帯自動付帯
海外キャッシング利用可
貯まるポイントエポスポイント
還元率0.50%~1.25%

2. 楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

年会費はかかりますが、ポイント還元や特典などがお得なゴールドカードといえば、楽天プレミアムカードです。

カードを使うとお知らせメールが届くため、不正利用を検出しやすいのも大きなメリットといえるでしょう。

国際ブランドはVISA・MasterCard・JCB・AMEXから選べますが、フィリピンではJCBとAMEXが利用できる加盟店が少ないのでVISAかMasterCardを選びましょう。

わたしもこの楽天プレミアムカードを使っていますが、海外旅行保険が充実しており、プライオリティパスも無料なのでとても重宝しています。

楽天プレミアムカード
発行会社楽天カード株式会社
年会費10,800円
国際ブランド・VISA
・MasterCard
・JCB
・AMEX
海外旅行傷害保険傷害死亡 : 5,000万円
傷害治療 : 300万円
疾病治療 : 300万円
救援者費用 : 200万円
賠償責任 : 3,000万円
付帯自動付帯
海外キャッシング利用可
貯まるポイント楽天スーパーポイント
還元率1.00%~5.00%

3. 三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

三井住友カードは日本を代表する銀行系クレジットカードで、海外滞在時に日本語でサポートを受けられるVJデスクを世界各地に設置しているのが特徴です。

フィリピンではマニラとセブに設置されているので、何かあったときにも安心です。

ちなみに、わたしがiPhoneの盗難に遭ったとき、保険金を請求のための必要書類を送付したのがマニラのVJデスクです。

ポリスレポートや盗難レポートなどをマニラまで郵送したのですが、フィリピン国内にサポートデスクがあるのはとても心強いですよね。

海外旅行傷害保険に「家族特約」もついているので、親子で移住される方にも最適のクレジットカードです。

三井住友VISAゴールドカード
発行会社三井住友カード株式会社
年会費10,800円
国際ブランドVISA
海外旅行傷害保険傷害死亡 : 5,000万円
傷害治療 : 300万円
疾病治療 : 300万円
救援者費用 : 500万円
賠償責任 : 5,000万円
*家族特約付き
付帯自動付帯
海外キャッシング利用可
貯まるポイントワールドプレゼントポイント
還元率0.50%~2.50%

4. リクルートカード

リクルートカード

フィリピンに長期滞在する人が1枚は持っておきたいのが、海外旅行保険「利用付帯」のクレジットカードです。

自動付帯の海外旅行保険の上限は3ヶ月間です。

フィリピン入国3ヶ月後、このリクルートカードのような利用付帯のクレジットカードを使うことで、保険期間を最大6ヶ月まで伸ばすことができます。

ポイント還元率も高く、会員費も無料です。
発行しておいて損はないクレジットカードです。

リクルートカード
発行会社リクルート
年会費無料
国際ブランド・VISA
・MasterCard
・JCB
海外旅行傷害保険傷害死亡/後遺障害 : 2,000万円
傷害治療 : 100万
疾病治療 : 100万円
救援者費用 : 100万円
賠償責任 : 2,000万円
*家族特約付き
付帯利用付帯
海外キャッシング利用可
貯まるポイントリクルートポイント
還元率1.2%

フィリピンクレジットカードの発行手順

フィリピンクレジットカードの発行手順

現地でクレジットカードを発行したいと考えている方もいると思いますが、フィリピンは全ての手続きが遅く、

クレジットカード発行までの流れ
  1. ビザやACR-Iの発行
  2. 銀行口座の開設・クレジットカードの申請

この間、数ヶ月はかかるとみておきましょう。

つまり現地でクレジットカードを発行予定の人でも、日本のクレジットカードは持参していく方がよい、ということですね。

1. 日本のクレジットカードを数枚持参する

日本からフィリピンに渡航するとき、数枚のクレジットカードはもっていきましょう。

クレジットカードを1枚しかもっていない場合、クレジットカードのトラブルや決済システムのトラブルによって使えない場合に困ってしまいますよね。

わたしはセブ島でスキミング被害に合っています。

被害にあったらすぐにカードを止めることになります。1度止めたカードはもう今後使えませんよね。

そのため、クレジットカードは必ず複数枚用意してくださいね。

2. 銀行口座の開設とクレジットカードの申し込み

フィリピンの住所が決まり、必要な環境や証明書が整ったら、銀行口座を開設と同時にフィリピンのクレジットカードを申し込みましょう。

フィリピンに長期滞在(60日以上)する場合は、ACR-Iの取得が義務付けられています。

銀行口座開設時やクレジットカードの申込時に、ACR-Iの提示を求められることが多いので忘れずご持参くださいね。

PR

フィリピンのクレジットカード事情

フィリピンのクレジットカード事情

最後に、フィリピンでクレジットカードを使うときのポイントを紹介します。

先進国に比べて加盟店は少ない

中国をはじめとした主要先進国では、小規模な店舗も含め、多くの店舗でクレジットカードを使えますよね。

しかし、フィリピンでは大都市や大型ショッピングモールではクレジットカード払いができますが、田舎では利用できない店舗が数多くあるので注意が必要です。

クレジットカードを使いたいシーンで使えないことも多いため、常に現金を用意しておきましょう。

国際キャッシュカードも持っていこう

前述の通り、フィリピンの田舎の方ではクレジットカードを使えない店舗が多いので、国際キャッシュカードを別途準備しておくのがおすすめです。

海外長期滞在者におすすめの国際キャッシュカード3選!現地ATMで現地通貨を現金化

海外長期滞在者におすすめの国際キャッシュカード3選!現地ATMで現地通貨を現金化

06/23/2019

国際キャッシュカードがあれば、ATMで現金(PHP)を引き出せますので、いざというときに役立ちますよ。

なお、国際キャッシュカードに対応したATMは、国際空港内をはじめ主要都市の街中に数多く配置されています。

まとめ

基本的には、日本のクレジットカードを数枚持参し、現地での生活が安定してから銀行の口座開設とフィリピンのクレジットカードの申し込みをする流れになります。

ただし、クレジットカードを発行するためには収入要件があるため、留学や観光で渡航し、フィリピンでの就労が認められていない場合は、日本から持参したクレジットカードで決済する必要があります。

渡航の目的に応じたクレジットカードを利用しながら、フィリピンでもキャッシュレス決済で便利な生活をしたいですね。

ちなみに条件的にフィリピンでクレジットカードをつくれない方は、フィリピンの電子マネー「GCash」を利用するのもおすすめです。

フィリピンの電子マネー「GCash」GCashアプリでアカウントを開設する方法

フィリピンの電子マネー「GCash」GCashアプリでアカウントを開設する方法

05/05/2019

GCashはプリペイド式の電子マネーですが、PayPalやクレジットカードから入金することができて便利ですよ。

PR

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスのシングルマザー。フリーランス歴は就職期間を抜いて通算11年目。セブ島は移住5年目です。 Web・IT業界一筋14年。元クラウドソーシング中の人です。 海外で子育てしながらフリーランスとして働く方法やセブ島移住生活について発信しています。