海外キャッシングの返済方法・利息計算方法・繰り上げ返済する方法まとめ

海外キャッシングの返済方法・利息計算方法・繰り上げ返済する方法まとめ
PR

海外旅行で現金が必要になったとき、クレジットカードのキャッシング機能を使う人も多いですよね。

国際キャッシュカードを使った引き出しや、外貨両替所での両替より手数料が安いケースが多いため、キャッシングは海外で現金を調達する場合のお得な手段です。

しかし、海外キャッシングするということは「借金をする」ということです。

借り入れをしている期間、金利がかかるので、より安く済ませたい場合は「海外キャッシングの返済方法」についてしっかり理解しておく必要があります。

この記事では、

  • 海外キャッシングの返済方法
  • 借り入れ期間
  • 金利の計算方法
  • 繰り上げ返済する方法

などについて詳しく紹介していきます。

海外旅行中はクレジットカードのキャッシング機能を使おう、と考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

PR

海外キャッシングの返済方法

海外キャッシングの返済方法には、以下の2種類の方法があります。

定期返済クレジットカード会社との契約に従って指定された日時に返済する
繰り上げ返済クレジットカード会社との契約によって指定された返済日以前に返済する

それぞれの方法について詳しく解説しますね。

定期返済

定期返済とは、その名の通り「クレジットカード会社との契約通りに返済する」方法です。

一例として「月末締め翌月26日払い」と指定されていた場合、当月に利用したキャッシング分を翌月の26日に支払います。

最もシンプルかつ、クレジットカード会社との契約の基本なので、多くの場合はこの返済方法を使うことになるでしょう。

繰り上げ返済

繰り上げ返済は「クレジットカード会社との契約によって指定された日より前に返済する」方法です。

この返済方法を選択した場合は返済日を待たずに、キャッシング利用金額をすぐに返済することができます

前述の通り、海外キャッシングの金利は借入期間が長くなればなるほど高くなるので、できる限り早く返済するのが金利を安く済ませる方法です。

借入金額が少額の場合はほとんど差はありませんが、借入額が高額になればなるほど、金利の支払いは高くなります

より安く・お得に海外キャッシングを使いたい方は、繰り上げ返済を検討してみてくださいね。

海外キャッシングの利息計算

定期返済した場合と繰り上げ返済した場合の、支払わなければならない利息を簡単に計算してみます。

今回のシミュレーション条件は以下の通りです。

返済スケジュール15日締め翌月10日払い
金利年率18%
借入金額200,000円
借入日8月1日
返済方法一括
定期返済日9月10日
繰り上げ返済日8月10日

この条件で、定期返済した場合と繰り上げ返済した場合の利息の違いです。

定期返済の利息

8月1日に200,000円を借り入れ、定期返済(自動引落)で返済した場合、借り入れしている期間は40日となります。

利息を計算してみます。

定期返済の利息計算
200000×0.18/365×41≒3945

利息は3,945円になるため、返済すべき金額は合計203,945円になります。

繰り上げ返済の利息

一方で、8月10日に繰り上げ返済した場合の利息を計算してみます。

この場合、借り入れしている期間は9日間です。

海外キャッシングを使い、帰国後すぐに返済した場合これくらいの期間で返せることが多いですよね。

利息を計算してみます。

繰り上げ返済の利息計算
200000×0.18/365×9≒887

繰り上げ返済した場合の利息は887円となり、返済すべき金額は合計200,887円になります。

繰り上げ返済した方が断然安い

このように利息を計算してみると、海外キャッシング利用分の返済は、

定期返済より、繰り上げ返済がおすすめ

といえますよね。

今回の例で考えると、

定期返済の利息3,945円
繰り上げ返済の利息887円

概ね利息が1/4になっています。

繰り上げ返済をするとかなり安く海外キャッシングを使えるということですよね。

海外キャッシングは「早く返済すればするほど、お得になる」と覚えておいてくださいね。

海外キャッシングは手数料が【一番安い】おすすめクレジットカード3枚

海外キャッシングは手数料が【一番安い】おすすめクレジットカード3枚

07/25/2019

繰り上げ返済不可のクレジットカードに注意

先程の計算通り、海外キャッシングを利用した場合、繰り上げ返済するのが圧倒的にお得です。

しかし、クレジットカードによっては”繰り上げ返済に対応していない”クレジットカードがあるので、海外キャッシングをするときは十分ご注意くださいね。

もし、お手持ちのクレジットカードで繰り上げ返済が出来ない場合、利息が高くなってしまう可能性があります。

その場合は、海外プリペイドカードを使ったり、デビットカードを使って現地ATMで現金を引き出すほうが安くなる可能性もあります。

そのため、海外キャッシングを使いたい方は、繰り上げ返済に対応したクレジットカードを選んでくださいね。

海外ノマドワーカー・フリーランスにおすすめの海外プリペイドカード3選

海外フリーランス・長期留学生におすすめの海外プリペイドカード3選

06/23/2019
海外長期滞在者におすすめの国際キャッシュカード3選!現地ATMで現地通貨を現金化

海外長期滞在者におすすめの国際キャッシュカード3選!現地ATMで現地通貨を現金化

06/23/2019
PR

クレジットカードの繰り上げ返済方法と手数料

ここからは、海外キャッシングにおすすめの手数料が安いクレジットカード3枚の、繰り上げ返済方法や手数料などを紹介していきます。

海外キャッシングにおすすめのカード3枚

セディナカード

セディナカード
セディナカード
返済スケジュール月末締め翌月26日払い
10日締め翌月6日払い
金利年率18%
繰り上げ返済可否可能

セディナカードは、SMBCグループのクレジットカード会社が発行するクレジットカードです。

海外旅行サポートデスクや旅行傷害保険が充実しているので、海外旅行用のクレジットカードとしてとてもおすすめです。

セディナカードで海外キャッシングした場合は、以下の手順で繰り上げ返済しましょう。

繰り上げ返済方法

セディナカードの海外キャッシングを繰り上げ返済する場合、下記の4通りの方法を選択できます。

セディナカードの繰り上げ返済方法
  1. アンサーセンターで手続きし、指定口座に振り込むまたは支払口座から引き落とす
  2. Webで手続きし、Pay-easyを利用して支払う
  3. 銀行ATMで支払う
  4. Loppyで支払う

電話で手続きする場合は電話代と振込手数料、ATMを利用する場合はATM手数料がかかりますので、ご注意してくださいね。

繰り上げ返済手数料

セディナカードは繰り上げ返済手数料を徴収していません。

繰り上げ返済に必要な手数料は、振込手数料やATM手数料などのみです。

これらの手数料を節約したい場合は、

振込手数料を節約する方法
  • 振込手数料が一定回数無料になる銀行を使う
  • 三井住友銀行・セブン銀行・三菱UFJ銀行・東京スター銀行のATMを使う

方法があるので、こちらを使ってみてください。

楽天カード

楽天カード
楽天カード
返済スケジュール月末締め翌月27日払い
金利年率18%
繰り上げ返済可否可能

楽天カード人気のあるカードなので、保有している人も多いのではないでしょうか。

楽天カードで海外キャッシングした場合、返済方法及びかかる手数料は次の通りです。

繰り上げ返済方法

楽天カードの海外キャッシングの繰り上げ返済方法は下記です。

セディナカードの繰り上げ返済方法
楽天カードコンタクトセンターに電話して手続きし、指定口座に振り込む

楽天カードで繰り上げ返済をする場合は、コンタクトセンターに電話をかけ、指定された口座に海外キャッシング利用金額を振り込みます。

電話は自動音声で対応しているため、混雑しそうな時間帯でもすぐに手続きできますよ。

繰り上げ返済手数料

楽天カードも繰り上げ返済手数料は徴収していません。

ですので、必要な手数料は振込手数料のみといえるでしょう。

なお、振込先口座は楽天銀行となるので、振込手数料を節約するためには、

振込手数料を節約する方法
  • 楽天銀行から振り込む
  • 他行振込が一定回数無料になる銀行を使う

このいずれかの手段で、振込手数料を節約してくださいね。

エポスカード

エポスカード
エポスカード
返済スケジュール27日締め翌月27日払い
4日締め翌月4日払い
金利年率18%
繰り上げ返済可否可能

エポスカードは、年会費が無料のクレジットカードにも関わらず海外旅行傷害保険が充実しているため、海外旅行用カード向きのクレカとして人気があるカードです。

また、普段使いにも便利なので、メインカードに使っている人もいるでしょう。

繰り上げ返済方法

エポスカードの海外キャッシングを繰り上げ返済する場合は、下記の2通りの方法を選択できます。

エポスカードの繰り上げ返済方法
  • エポスカードに電話連絡し、指定口座に振り込む
  • 請求確定後にPay-easyで支払う

できるだけ速やかに支払いたい場合は、電話連絡して指定口座に振り込む方法を使いましょう。

キャッシング利用分のデータがエポスカードに到着していればいつでも返済できるので、利息を削減することができますよ。

請求確定後にPay-easyで支払う場合、確定日まで待つ必要があります。

その日数分、利息が増えるのでご注意くださいね。

リボ変更とPay-easyでお得に繰り上げ返済する方法

エポスカードでは、月々のリボ払いの返済額を増額できます。

増額分はすぐにPay-easyで支払うことができるんです。

ですので、エポスカードの海外キャッシングを返済する場合、この2つを組み合わせて返済するのがおすすめです。

返済手順は次の通りです。

エポスカードのおすすめ繰り上げ返済手順
  1. 海外キャッシング利用分をリボ払いに変更する
  2. リボ増額払いの手続きをする
  3. Pay-easyで支払う

この一連の手続きは全てWeb上で行えるので、エポスカードに電話を掛ける手間などは必要ありません。

便利、かつ最も早く返済でき、手数料も削減できる繰り上げ返済方法なので、積極的に活用していきたいですね。

繰り上げ返済手数料

エポスカードも、繰り上げ返済手数料を徴収していません。

そのため、支払う手数料は振込手数料くらいといえるでしょう。

この振込手数料については「前述のリボ変更 + Pay-easy払い」で返済した場合は無料です。

余計なコストを掛けずに繰り上げ返済したいですね。

繰り上げ返済でお得に海外キャッシングを使おう

海外キャッシング機能で借り入れした場合、繰り上げ返済をすることによってどれだけお得になるかを紹介しました。

海外キャッシングは、早く返済すればするほど利息が少なくなる仕組みです。

帰国後、できる限り早めに繰り上げ返済するのがおすすめですよ。

一部、繰り上げ返済に対応していないクレジットカードがあるので、海外キャッシングをする場合は、各クレジットカードが繰り上げ返済に対応しているかどうかは必ず確認しておきましょう。

繰り上げ返済を活用し、お得に海外キャッシングを利用してくださいね。

PR